新年あけましておめでとうございます。

2017年の授業も今日からスタート。
心機一転、気持ち新たに始まりました。

今日のレッスンはアテレコと演技実習です。

そこで演技実習の様子をお伝えします。

前回は全員が椅子に座り、台本を読み合わせる稽古が中心でした。

今回は仮ではありますが舞台を想定して、立ちながらの読み合わせ稽古になります。
まだ台本を持っていますが、立つことにより新しい発見があります。

本を読んでいるだけではイメージしづらかった、役の関係や距離感が浮き上がってきますね。

読み立ち稽古

歩きながら、座りながら、相手と正対してなど、役柄によってそのセリフや動きが常に変化していきます。
動きもセリフもスピードやボリューム、間などどれだけでも表現の幅は広がっていきます。

また、さっそく自分のイメージした衣装を着ている生徒さんもいますね。

こういった稽古を繰り返すことによって、より深く作品を理解し役の表現を見つけられます。

自分一人では見つけられなかった解らなかったことも、仲間と一緒だから気付くことがあります。
中田学院長からのアドバイスも、そういった「気付き」に導く様でした。

発表まであと2か月ほど。
自分の成長・変化を楽しみながら稽古に励んでほしいと思います。